資料請求

アール土壁づくり~竹小舞②~

 
Uです♪
あるものを使う

ちょうどよい長さの竹がないので
継ぎはぎ竹小舞


LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_2.jpg
よく見ると継ぎはぎ

今回の竹小舞ですが
通常と違う部分がいくつかありますが
そのうちの大きな一つといえるでしょう。

本来ならこれから作る壁に合わせて
竹の長さも調整しますが
リサイクルのため
長さが全部違います!


LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_4.jpg
編み終わりで残った竹たち。
足りて一安心!

長短の竹さんたちをどう組み合わせるのが良いのか~
そして竹は足りるのだろうか!?
予定より広範囲となったアール土壁…


新たに竹を切って削って整えて揃えるのも大変な作業なので
出来たら避けたい!(笑)


LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_0.jpg
長短交互に配置
もっと長い竹も横向きに使いたいですが
出来るだけ長手は縦向き優先で使用しました


LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_1.jpg
長短の順序を出来るだけ崩さないように伸ばしていきます

貴重な長手の竹をどこに使うのが有効なのか
どのように継ぎはぎするのが強い壁をつくるのにベストなのか

太めの子はここに
次は細い子をもってきてみよう。
アールに沿わせるために
通常よりも縄を編む部分も多くなりました。



LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_6.jpg
中に電気配線も通します

前回とはだいぶ違う竹の編み方になりましたが
経験したからこそ出来た竹小舞だと感じます。
(めっちゃ浅い経験だけども!!(笑))
どうあるのが竹小舞としていいのか。
原理とそれぞれの役割を想い

だんだん減って来る竹さんたちとにらめっこしながら
頭フル回転で作成です!


LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_3.jpg
選別して使えなかった竹が下に溜まってきます…

リサイルのため、しっかり湾曲するか確かめながら使用。
中には腐っていてしならせると
すぐポキっと折れてしまうものもあります。

旧竹小舞をバラしているときにも腐っているか選別しているが
組んでる間もしっかりチェックです。




LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_7.jpg


ということでほぼ完成です!!
あと少しきれいなアールにするため編みたいのですが
数メートル藁縄が足りない!

行きつけのホームセンターは
ちょうどいいサイズの”現品終了品”縄を私が買い尽くし
どこもなっがーい縄しか売っていない…
他にもやるべきことはたんまりあるので
お手頃サイズでお安く売っているところに出会うまで(笑)
いったん竹小舞は保留!



LINE_ALBUM_竹小舞2_221110_5.jpg
こちら遊んでみました(主人作)
上手くいくかな…

土が全然足りないことも判明した
ので
今度叔父のお家から出た粘土質の土を
もらいに行かなくっちゃ…
ああ~早く完成が見たーい!




~古民家・メゾンU編 第36回~


古民家再生にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 
 
freearea iedukuri.jpg freearea reformjirei.jpg freearea oiekengakukai.jpg freearea staffshokai.jpg
freearea sen711.jpg

Copyright © 2013 株式会社河原工房 All Rights Reserved.