資料請求

芝棟~2022初夏~


Uです!
 
今回は2021~2022夏に至るまでの
芝棟の様子をお伝えしたいと思います。


LINE_ALBUM_しばむね_220603_7.jpg
青々と茂る出来立ての芝棟 2021年夏

2021の真夏に完成した我が家宝・茅葺屋根。
そのとき印象的だった美しく刈りたてのような野芝の芝生は

その後秋を迎えるまで水やりをして
根が張るのを待っていました。


LINE_ALBUM_しばむね_220603_1.jpg
球根等植え付け作業


LINE_ALBUM_しばむね_220603_6.jpg
黒い管は灌水システム。井戸水の蛇口と繋がっている。
ほぼ毎日1時間ほど水を出しっぱなして
10月に入るころに取り外した。
苗は鹿子百合。



その後季節の移ろいとともにどんどん茶色く変化。
この先屋根の上に登って
水やりや植え替えという工程はありません


LINE_ALBUM_しばむね_220603_8.jpg
2022年冬 すっかり茶色い棟に…
 

心から『大丈夫なのか!?
このまま枯れたような色がずっと続く屋根だったらどうしよう…』
と不意によぎる冬を越え
忘れたころにふと見上げた2022年の早春
あれはもしや!?水仙ではないか!!


  
E7F3C135-15E6-418A-9890-00448AA4F6EB.jpg
すすす…水仙!?


目を疑いました。
だって空に花があるんだもの。
笑いました。
屋根の上に、花が咲いてるーーー!!!(笑)』
 
頭ではこんな屋根になるらしい
と写真などを見てわかっているつもりでしたが
実際目の前にして
なーんと面白くて可愛いことでしょう!!♡



LINE_ALBUM_しばむね_220603_5.jpg
 
その後、数種類植えた水仙たちが代わる代わる咲き
何かわからない草たちがちょこちょこ生え始め
6月の今は棟の全体を
数えられないくらいの草たちがのびのび育ち
すっかり緑に覆われています



 
LINE_ALBUM_しばむね_220603_4.jpg
右端の同じ形をした3っつは鹿子ユリ
その横、手の指が4本あるように見えるのはアヤメ

遠くから見て、植えた覚えのある
鹿子ユリやアヤメなどが
つぼみをつける準備をしているのは何となくわかりますが
他はもう遠目ではわかりません。



LINE_ALBUM_しばむね_220603_9.jpg

しかし今は
判別したい想いより
棟に芽吹き育ったすべての植物たちを
愛おしく感動して見ています。


この先ずっと
鳥や虫たちが運んできてくれる新たな植物とともに
ここを楽しませてもらえると思うと
ウフフ♡ムフフフフフ♡


  
LINE_ALBUM_しばむね_220603_0.jpg


今は家づくりに頭も体も専念中なのでもう少し我慢ですが
いつか望遠鏡を買って
屋根のお花図鑑でも作りたいな♡
と思った今日のブログでした♪



~古民家・メゾンU編 第17回~


古民家再生にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
freearea iedukuri.jpg freearea reformjirei.jpg freearea oiekengakukai.jpg freearea staffshokai.jpg
freearea sen711.jpg

Copyright © 2013 株式会社河原工房 All Rights Reserved.