資料請求

屋根裏の茅葺窓

 
メゾンUです♪
 
今回は茅葺屋根に造った窓のお話です。



LINE_ALBUM_ロんクラ茅葺窓_220214_9.jpg LINE_ALBUM_ロんクラ茅葺窓_220214_10.jpg
↑ヨーロッパの茅葺のお家たち。日本の茅葺とはまた違う良さです。


私は今回洋風の茅葺にしたい思いが強く
そのためには絶対窓がいる!と考えていました。
窓の上にくる茅葺はすこし膨らみを持たせようか・・
どこにどんな窓をいくつ持ってこようか・・・



LINE_ALBUM_ロんクラ茅葺窓_220214_0.jpg
↑気になる写真の切り抜きと、イメージを書き溜めていたころの
私のスケッチブックの一部。いろんな窓の絵を描きました。



いろいろ迷いに迷い、河原会長や茅葺職人の相良さんとも相談し
屋根裏に一つ窓をつけるという作戦に落ち着きました。



ロンクラ窓.jpg
↑アンティークショップにて。限られた数の窓たち。どれを入れようかもまた迷います。

 
そしてどんどん出来ていく茅葺屋根。

窓のところはこれまた特別仕様の骨格です。


LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_1.jpg
 

この木枠がついたときの
ワクワクとソワソワ感は何とも言えません。


そして気になることは随時伝えます。
だって気になるんだもん!
職人さんたちが全部優しく対応してくれます。
ありがとう、ああありがとう。



LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_0.jpg

  
ここまでのこだわりがあるのも
私自身が茅葺屋根=日本昔話のお家のイメージがなかなか取れずにいたこと。

もちろん白川郷や美山の茅葺など、色々と見たことはありどれも好き!
ただこの家を見て感じてほしいのは
こんな茅葺のお家があるの!?ということ
でした。



LINE_ALBUM_ロんクラ茅葺窓_220214_11.jpg LINE_ALBUM_ロんクラ茅葺窓_220214_4.jpg


それは私が感じたカルチャーショックで
どうしてもそれをここに作りたかったから。
そう、いわば自己満足!
そして長年温めてきた夢を叶えるに他なりません。

ただやったことがないこの挑戦
私自身もこうしたいと言っているだけで
本当にイギリスの田舎にあるような茅葺になるのか
なかなかイメージ出来ずにいました。



LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_7.jpg LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_8.jpg
↑ぼさぼさの状態。職人さんたちは『今はまだ熊みたいでしょ』と表現されてて笑いました。


職人さんたちがカサカサトントン
静かに続く葺き替え作業の中どんどん出来てゆく窓と茅葺のアーチのライン。



LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_13.jpg LINE_ALBUM_茅葺き窓_220121_9.jpg
↑熊さん状態から表面のカットが入り、美しくエレガントになった窓。
屋根裏は娘の部屋になる予定です。
 

美しいってこういうことを言うのだろう。
思いをどんどん形にしていってくれました。



茅葺窓アップ.jpg
↑窓が入りました!棟梁の唯さんに窓枠も太くしてもらい、存在感抜群です♡


美しい窓だなあ~♡
何度もそんな言葉が漏れます。
素敵だな~美しいな~
自画自賛の、我が家自慢の茅葺窓です♪



茅葺窓.jpg


~古民家・メゾンU編 第5回 ~


古民家再生にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

・お問合せはこちら
freearea iedukuri.jpg freearea reformjirei.jpg freearea oiekengakukai.jpg freearea staffshokai.jpg
freearea sen711.jpg

Copyright © 2013 株式会社河原工房 All Rights Reserved.