資料請求

自分たちで解体作業

 
メゾンUです!
 
今回は解体のお話
すでにメゾンU編は4回目になりますが
家の作業で屋根よりもまず初めに行ったのはやはり解体です。

 
自分たちで出来ることはやらせてください
そんなお願いを快く受け入れてくれた河原会長。

『うちの職人がはじめだけコツを教えるから
あとは自分たちでできますよ。



寝室解体1.jpg解体6.jpg
↑元和室。床材を取った後に残った古釘を、地道に取っているところ。なかなか抜けない・・


そう言ってくださり、友人のそのまた友人にも声をかけて人集め。
まずは唯棟梁にレクチャーを受けて
みんなで壊すぞー!!
 
地下の素人では難しい場所は、河原工房のスタッフにお願いしました!



解体2.jpg
↑やっぱりプロは違うな~と感じた初日でした。
作業が丁寧ではやい!ちょっとしたことだけど、学ぶことが多い。


 
我が古民家は少し変わっていて
昭和初期に元の持ち主が古民家に憧れて建てられたため

家の内部は昭和の間取り。
細かく仕切られた壁をとって部屋を広くします。



解体.jpg
↑取り除く土壁。まず土を落としているところ。
土は捨てずに袋に詰めて保管します。



そして壁材はよく考えられており
しっかり日の当たる2階部の南壁面のみ
石膏ボード
で現在の仕様と同じ作り

それ以外は、湿気など日本の風土に合った
土壁
で作られていました。



解体3.jpg
↑土を落とすと見事な竹小舞が!きれい・・このまま置いておきたくなる心境です。

みんな素人で壁の仕様も何もかもわからない中
双方解体したからこそ感じたことは
土壁は潰していても心地良いこと



解体1.jpg
↑竹小舞も無くなりました。取った竹小舞は再利用するので捨てません。

石膏ボードは解体していると、目も口も何もかも塞ぎたくなります。
  

そして石膏ボードは産業廃棄物として産廃にもお金がかかりますが
土壁はリサイクルできること。
土はもちろん中の竹小舞も状態が良ければ
ばらしてもう一度使えます。



リビング解体.jpg
↑柱だけ残って部屋が繋がりました。柱を取るのはプロと相談!


この土で将来はピザ窯も作る予定です♪
もちろん、土壁もやりますよ~それはまた違う回でお話予定!


  
LINE_ALBUM_解体前_220121_0.jpg階段解体後1.jpg
↑ビフォーアフター:旧玄関入ってすぐの地下に降りる階段部分
南面の壁は石膏ボードだった。ここはお風呂になる予定。


ちなみにお手伝いのお礼は
美味しいお弁当と
庭に咲いたお花たちのスワッグ(ちなみに私は元花屋です!)
と畑になった野菜たち。
そしていつかお家ができたらご招待することを約束して
一日解体DAYは終了しました。
感謝感謝です!!



解体5.jpg
 
そしてもちろん一日で終わるわけはないので(汗)
また数日は自分たちで頑張りましたよ~!
 

 

~古民家・メゾンU編 第4回 ~


古民家再生にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

・お問合せはこちら
freearea iedukuri.jpg freearea reformjirei.jpg freearea oiekengakukai.jpg freearea staffshokai.jpg
freearea sen711.jpg

Copyright © 2013 株式会社河原工房 All Rights Reserved.