高槻の新築、リフォームなら河原工房

株式会社 河原工房 お問い合わせ
トップページ 高槻市 会社案内 西宮市 施工事例 枚方市 お客さまの声 西宮市 お問い合わせ

資料請求

うえ&やぶ 河原工房レポ!~河原工房のイベント情報や、日々の活動をレポート♪~

大阪(高槻・茨木・枚方)でリフォームをお考えの方に地元で安心の工務店株式会社河原工房です。
デザインリフォーム、耐震診断・改修、古民家再生、メンテナンスを柱としています。日々、河原工房で学んだこと感じたことを様々な情報を更新します。

2014年6月の記事

2014年6月23日(月)安全衛生工事品質会議を行いました!(植松)


みなさんこんにちは、河原工房です。
河原工房本部ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
今日の担当は植松です。
 
高槻現代劇場 会議室にて、6月13日(金)に安全衛生工事品質会議を行いました。
(詳しくは、次回いほり54号のNEWSにて、ご紹介させていただきますね!)
 
工事品質会議を行う目的は、協力業者様とクレームや情報を共有することです。
そうして、一緒に成長していくことが重要だと考えるからです。
 
今回は、河原工房の工事を担当する、
協力業者・大工・職人が30名ほど集まりました。

集まったのは、クロス工事、内装工事、床工事、電気配線工事、
水道工事、塗装、足場、屋根工事、水廻り設備機器…など。
リフォームをするにあたって必要な工事を担当する職人達です。


honbublog138.jpg
 
2ヶ月に1度行う安全衛生工事品質会議。
今回は第22回目です。約2時間かけて行います。

honbublog139.jpg
 
「安全」衛生工事品質会議
、という名前の通り、
建築現場では、この安全を疎かにすることは許されません。
現場に置いて、安全は第一なのです。
そのため、会議の名前にも安全、という言葉が入っています。
 
今回は、その「安全」について真剣に協議を致しました。
平成25年に大阪府下の建設業で発生した
死亡災害は21件と、前年比5件増加しています。

そして、そのうち、高所からの落下・転落による
死亡者数は14名と、全体の67%に及びます。
落下による被害を軽減させるヘルメット・安全帯の装着について、
使用状況の監視と、安全帯の機能の点検の徹底が、必要なのです。
 
現場経験5年未満の職人さん、また、現場に何十年といても
年齢の経過によって足を滑らせてしまう事例が多く見られるそうです。

ビル等の建設現場と違い、戸建て住宅では
2~3階の高さとなりますが、
はしごで登れる比較的低い高さであっても、事故は発生しています。

慣れた方でも、職人にとって当たり前のことでも、
毎回の確認、安全への意識を高めることが、何より大切です。
 
それは、現場作業だけでなく、交通に対する安全認識も同じです。
「ついちょっと」の油断が、事故に直結します。

honbublog140.jpg

 
河原工房では、この建築現場での事故に対して、
強く意識し、予防・お互いに確認をしていく事の必要性を呼びかけました。
 
上記では、転落・墜落の話になりましたが、職人さんの作業も同じです。
 
丸ノコのカバーをする、古い刃は取り替えるなど
便利だけれど、一歩間違えると大怪我どころではない
事故に発展することの再認識が必要です。
少しの手間を惜しんで、一生を台無しにしないために…。
 
どんどん道具自身も安全なように改良はされてはいても
それを使うのは人自身なので、絶対安全に気を配りましょう!
 
皆さん、真剣な表情で話を聞いていました。
一人ひとりの意識の徹底が、何より大切です!
 
また、これからの季節、現場に出る方々だけでなく、
外で作業をされる皆様、熱中症にもご注意くださいね。



コメント (薮﨑)

安全…大切だとはわかっているけど、ついついおろそかにしてしまいがちですね。
「危ないってわかってるけど、めったに事故なんてないから大丈夫だろう」
…そんな油断は、建築現場に関わらず、どこにでもあると思います。
最近も建築現場での大きな事故がニュースになっていましたが、
常に、そういった危険が潜んでいるという事を自覚しないといけないなと感じました。
住む人の「安全」を守る立場の私達こそ、自分自身にとっての安全の意味も考えて行かないといけませんね。
 
< 古い記事へ  新しい記事へ >
ブログ一覧へもどる

河原工房のリフォーム キッチン トイレ  高槻
河原工房 トイレ キッチン
西宮市 家づくりをする前に・・・自分たちにぴったりのスタイルを、一緒に見つけましょう。
お家見学会 まずは体感 お申込みはこちら 西宮市
 

浴室 想いをカタチにするスタッフ紹介 夢をカタチにする河原工房の相談会 枚方市